スローな山登り~風に吹かれて

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「にっぽんトレッキング100」

8月26日(金)19:00-19:29、NHK BSプレミアムの「にっぽんトレッキング100」に出演します。

新緑の5月、俳優の和田正人さんを案内して2日間、山中湖の石割山、三国山からサンショウバラの丘を歩きました。

ご都合が合いましたら、チェックしてみてください。

IMGP1417.jpg
スポンサーサイト

ソロ用テントを購入しました

今年の夏山は、原点回帰、ソロテント泊山行を志し、軽量コンパクト化のためにアライテントのオニドーム1を購入しました。
http://www.arai-tent.co.jp/lineup/tent/oni.html

オニドームについては、あらためて詳しく紹介しますが、フロアが台形のちょっと変わったドーム型テントです。さっそく試し張りを兼ねてシームコートをするため、家の中で張ったところ、わが家の猫のソフィーさんが興味を示されました。臆病で、ふだん、見慣れないものは遠くから眺めるだけなのですが、オニドームは気に入ったご様子で出たり入ったり。フロアのナイロンが滑るのが面白かったようで、ジャンプ→滑り込みを繰り返したりしていました。

sofy.jpg

「山と溪谷」7月号、本日発売

特集は「日本アルプス四大高峰 槍ヶ岳・穂高岳・北岳・間ノ岳をめざせ!」。第2特集として「山岳ガイドがすすめる岩稜ルート10選」。付録に穂高・北岳の映像ガイドDVD。私は巻末の「郷山巡り」に三浦アルプスの森戸川から二子山を紹介しています。

IMGP4673eV.jpg

夏の定番「夏山JOY」発売

ワンダーフォーゲル増刊「夏山JOY2016 」が6/7、発売されました。前半はアルプスと各地の夏山の人気ルート特集で、日光白根山のガイドを書かせていただきました。後半登山用品カタログ「THE EARTH 2016」。計480Pで通常の「ワンダーフォーゲル」「山と溪谷」を合わせたほどのボリュームがあります。読者のニーズにもよりますが、1200円はお買い得かと思います。

カタログは石井スポーツとのコラボなので、たとえばテントはPAINE中心、モンベルはステラリッジのみ、アライテントは掲載なし(シュラフカバーはアライテント製品掲載)というようなアイテムもありますが、全体としては膨大なアイテムが収録され、参考になると思います。

夏山JOY

2016/06/05 奥秩父・笠取山

ヤマケイ登山教室で行ってきました。奥秩父の主脈上にある地味なピークですが、多摩川水源の山であり、車利用で日帰りできることなどからファンが多い山です。山梨県にありますが、東京都の水源保安林として保全され、登山口の作場平から笠取小屋まではブナなどの林を登り、新緑や渓流沿いの道が気持ちよい道のり、笠取小屋から笠取山までは防火帯の開けた尾根で明るく、展望も楽しめます。写真は、多摩川・荒川・富士川の源頭である「小さな分水嶺」からの笠取山(中央やや左奥)です。

IMGP3058.jpg

朝の雨は登山口へ着く前に上がり、稜線上では雲間に富士山も眺められました。花はクリンソウ、キバナノコマノツメ、アズマシャクナゲ、トウゴクミツバツツジ、ミヤマザクラ、ズミなど。写真はトウゴクミツバツツジが咲く笠取山山頂付近からの展望です。


IMGP3140.jpg

とりわけ、満開のズミには、満ちあふれ、ほとばしる生命を感じました。写真は笠取小屋から「小さな分水嶺」の防火帯に咲く満開のズミ。ゴッホの花咲く桃の木」(下左)を連想してしまいました。樹形からはモンドリアンの「灰色の樹」から「花盛りの林檎の樹」(下右の2点)の連作も。あらためて考えてみると、ズミ、モモ、リンゴ、ともにバラ科リンゴ属なのでした。

IMGP3207eV2.jpg

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

石丸哲也

Author:石丸哲也
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。