スローな山登り~風に吹かれて

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/06/05 奥秩父・笠取山

ヤマケイ登山教室で行ってきました。奥秩父の主脈上にある地味なピークですが、多摩川水源の山であり、車利用で日帰りできることなどからファンが多い山です。山梨県にありますが、東京都の水源保安林として保全され、登山口の作場平から笠取小屋まではブナなどの林を登り、新緑や渓流沿いの道が気持ちよい道のり、笠取小屋から笠取山までは防火帯の開けた尾根で明るく、展望も楽しめます。写真は、多摩川・荒川・富士川の源頭である「小さな分水嶺」からの笠取山(中央やや左奥)です。

IMGP3058.jpg

朝の雨は登山口へ着く前に上がり、稜線上では雲間に富士山も眺められました。花はクリンソウ、キバナノコマノツメ、アズマシャクナゲ、トウゴクミツバツツジ、ミヤマザクラ、ズミなど。写真はトウゴクミツバツツジが咲く笠取山山頂付近からの展望です。


IMGP3140.jpg

とりわけ、満開のズミには、満ちあふれ、ほとばしる生命を感じました。写真は笠取小屋から「小さな分水嶺」の防火帯に咲く満開のズミ。ゴッホの花咲く桃の木」(下左)を連想してしまいました。樹形からはモンドリアンの「灰色の樹」から「花盛りの林檎の樹」(下右の2点)の連作も。あらためて考えてみると、ズミ、モモ、リンゴ、ともにバラ科リンゴ属なのでした。

IMGP3207eV2.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://slowhike.blog97.fc2.com/tb.php/1-c00b922e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

石丸哲也

Author:石丸哲也
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。